善玉菌と悪玉菌とは


腸の中には、便秘との関係が考えられる善玉菌と悪玉菌がいることはよく知られています。これらは腸の中に棲みついており、さまざまな働きをします。基本的に人間にとって良い働きをしてくれるのを善玉菌と呼び、悪い働きをするのを悪玉菌と呼んでいるのです。

人の影実はお腹の中には日和見菌というものも存在しています。こちらは善玉菌にも悪玉菌にも属していないのです。悪玉菌というのは発がん性物質や腐敗物質を生み出してしまいます。そんな悪玉菌の働きを抑えてくれるのが善玉菌です。そして、日和見菌というのは体が健康なときには何もしないのですが、悪玉菌が優勢になってくるとそれに加勢して悪さをするようになります。したがって、腸内で善玉菌が優勢な状態を保つことがとても大切です。

善玉菌にはさまざまな働きがあります。腸内菌叢のバランスを整えてくれます。腸の働きを整える効果があり、それによって便秘や下痢を防いでくれるでしょう。免疫力を高めてくれて、これによって病気を予防することができます。ビタミンを合成してくれます。食べ物の消化吸収を助けてくれます。このようにさまざまな効果を発揮してくれるのです。

一方、悪玉菌というのは腸内の腐敗を進めてしまうでしょう。免疫力を弱めてしまいます。さまざまな有害物質を生成してしまいます。これらによって健康を害してしまうでしょう。

したがって善玉菌というのは便秘にとどまらず、さまざまな点において重要な存在です。